化粧品の豆知識 – ページ 2 – 美肌革命!最新情報。

化粧品の豆知識

化粧品の豆知識

美肌革命12 化粧品は何でできている?

化粧品を構成している物質。化粧品を構成している主なものは、水、アルコールや保湿剤のような水性原料、油やロウのような油性原料、界面活性剤、色材、粉体、高分子化合物、薬剤、香料、安定化原料(紫外線吸収剤、酸化防止剤、防腐防黴剤)、溶剤などです。
化粧品の豆知識

美肌革命11 ストレスはお肌の大敵!

ストレスと皮膚の関係。現代はストレス社会といわれています。では、ストレスは何でしょうか?ストレスを理解するためには、まずホメオスタシス(恒常性)の概念が必要となります。ホメオスタシスとは生物が外界と密接な交流をしながら自己の内部環境を一定に
化粧品の豆知識

美肌革命10 お肌の老化わかりますか?

老徴、自然老化と光老化。よく首を見ると歳がわかるといいます。首の肌状で年齢を推定しているのでしょうが、確かに歳をとるとシワが増え、皮膚がたるみ、黄味がかり、ツヤがなくなり、シミが多くなります。老化そのものについてはプログラム説として遺伝子
化粧品の豆知識

美肌革命9 お肌の大敵.紫外線

紫外線で赤くなる.黒くなる.癌になる?昔、元気な子供は太陽の下で思い切り遊び、真っ黒な肌が健康の印でした。今、紫外線の害が知られてきたため、太陽の下で長時間遊ぶ子供はいません。さて、紫外線とは何でしょうか?紫外線は可視光線の紫より短い波長の光線
化粧品の豆知識

美肌革命8 働き者の皮膚

皮膚の生理作用、肌の役割。皮膚はどんな働きをしているのでしょうか?まず一番大切なのは外からの刺激から生体を守る働きです。また、いつも刺激を受けていると、角層が厚くなってより強固になります。踵(かかと)などは厚くなっていませんか?角層だけでは
化粧品の豆知識

美肌革命7 皮膚はただの皮ではない

皮膚の構造。皮膚は外部からの刺激や乾燥から生体を守るためにあります。皮膚の面積は成人では約1.6㎡あり人体最大の臓器です。皮膚は表面から順に表皮、真皮、皮下組織の3層に大きく分けられます。これに毛、爪、エクリン腺やアポクリン腺などの汗腺および
化粧品の豆知識

美肌革命6 外部から身を守る仕組み

五感と皮膚の関係。化粧品は体の一番外側にある皮膚をケアし彩(いろど)るものです。また、化粧品は使うときの塗り心地、香り、その仕上がりなどを五感で楽しむものです。さて、生き物は外からの刺激を受けると、反応を外に返し、様子をみるということを繰り
化粧品の豆知識

美肌革命5 どれくらいの量の化粧品が使われているの?

化粧品の生産量は。化粧品はどれくらい使われているのでしょうか?化粧品は第二次世界大戦後に日常品として定着し、急激に増加していきました。1955年には200億円を、1965年には1000億円を超えました。1985年には、ついに1兆円を超えました
化粧品の豆知識

美肌革命4 日本での化粧初めは?

日本の化粧の歴史。日本でも旧石器時代末期にベンガラが付着した人骨が発掘されています。また、魏志倭人伝(ぎしわじんでん)でも「朱丹を以ってその身体に塗る」という記述があり、弥生時代に「赤の化粧」がされていたことがわかります。奈良時代に中国から
化粧品の豆知識

美肌革命3 化粧品はいつからするようになったか?

世界の化粧の歴史。ネアンデルタール人は黄土を体に塗り、鷹の羽を髪に挿していたといいます。ホモ.サビエンスでも2万6000年前の埋蔵品などから体に化粧品が使われた形跡が見つかっています。ツタンカーメン王の黄金マスクにはアイラインが
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました