化粧品の豆知識 – 美肌革命!最新情報。

化粧品の豆知識

化粧品の豆知識

美肌革命22 日焼け止め

肌に合わせて選びたい日焼け止めのタイプ。日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。肌が敏感な人や炎症ニキビが気になる人は、吸収剤の含まないクリームや乳液タイプを選ぶと安心です。以前は独特の匂いや白浮き、重さなど使用感
化粧品の豆知識

美肌革命21 洗顔

洗顔料は朝も夜も使うのがセオリー。洗顔は、水の温度が高くても低くても肌への刺激になるので、ぬるま湯で行います。日常の汚れや排気ガスを取り除くことも考慮すると、洗顔料はやはり必要です。ぬるま湯だけの洗顔では、余分な角質、空気にふれて酸化した
化粧品の豆知識

美肌革命20 クレンジング

メイクの濃さに合わせて洗浄力を使い分けて。クレンジングの役割はメイクをしっかりと落とすこと。肌質を考慮しつつ、メイクの濃さでクレンジン剤を選びます。肌に密着する化粧品を使用した際は、オイルクレンジングや洗浄力が高めのジェルタイプを選びましょう
化粧品の豆知識

美肌革命19 毛だって機能を持っている

毛の機能と構造。哺乳類には全身に毛が生えています。ヒトも太古には体毛が密生していたといわれていますが、進化とともに体毛を退化させ、現代人では頭部その他一定の部分に硬毛を残すだけです。毛には本来、保護.保温機能と感覚器としての機能があるといわれ
化粧品の豆知識

美肌革命18 化粧水とは

化粧水は規定量を使用し手でやさしくつける。角質に浸透できる水分量は決まっています。化粧水をたくさんつけると、一瞬肌がふやけてブツブツになっている感じを味わいますが、あまり意味はありません。規定量を使用しましよう。化粧水をつけるときは、
化粧品の豆知識

美肌革命17 「美白」は老化を防ぐいちばんの要になる

大切なのは紫外線対策、美白は時間をかけて行うもの。「肌は白ければきれい」とは言い切れませんが、透明感があり、シミや色ムラがない状態のほうが若く、健康的できれいな肌に見えるでしょう。美白の基本は、このシミや色ムラの予防です。できたシミや色ムラは
化粧品の豆知識

美肌革命16 肌トラブルにならないために「保湿」は欠かせない

肌の潤いは自分で生み出す。外から補うのが「保湿」の基本!スキンケアの基本は、「保湿」と「美白」「エイジングケア」の3つです。これらは健康的な肌をつくるうえで欠かせないポイントなので、詳しく知っておきましょう。まず保湿。肌は保湿成分を生み出し、
化粧品の豆知識

美肌革命15 不思議な粉の力

化粧品に使われる無機粉体や高分子粉体。化粧品には多くの粉体が使われています。粉体は個体の小さな粉ですが、化粧品では20nm~20μm程度の範囲の粉体が使われています。 1000倍くらい違いますね。また、粉体は「物質としての性質」以外に「粉体.
化粧品の豆知識

美肌革命14 泡をうまく使う

泡の性質と利用。ホイップクリームやカプチーノは好きですか?泡のやさしい感じがします。化粧品にも泡は多く使われています。「泡」という漢字を分解すれば「水が含む」になり、液体が気体を包んでいるのです。泡状になるとふんわりとソフトな感触となり、
化粧品の豆知識

美肌革命13 水という不思議な物質

水の優れた特性。地球上には約14億k㎡の水が存在します。この中のほとんどは海水で、淡水は2.5%以下、しかも極地の氷を除くと1%以下になります。地球上の水は海を中心に蒸発し、雨や雪となって地表に戻ってきます。このように短期的に循環するため、
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました