美肌革命2 化粧品の効用 – 美肌革命!最新情報。

美肌革命2 化粧品の効用

化粧品の豆知識

美肌革命シリーズから化粧品の豆知識をご提出していきたいと思います。

化粧品の効用は本能や欲望を具体化。

化粧品といっても肌や髪の美と健康を維持し自らを慈(いつく)しむ「スキンケア」と容貌や印象を美しく飾る「メーキャップ」では異なった性格を持っています。

顔も含めた外見は、私たちが自己を認めるときや他者との関わりにおいて重要な役割を持っています。自分の容貌に自信のある人ほど自己への評価が高く、自分を良いと考えているという研究結果があります。

思春期に自己の外見の不満や悩みが多くなるのも、自己概念の形成の始まるこの時期と重なります。「人は見た目が9割」というベストセラーがありますが、私たちは外見の特徴をもとに他者を批判する傾向があります。

外見の中でも「顔」は重要で、顔とその微妙な表情の変化を読み取って状況を判断することは、ヒト同士のコミュニケーションに欠かせません。顔で「優しそうだ」とか意地悪そうだ」といった外見からはわかるはずもない内面的なものまで判断してしまうことが多いのです。

また、外見の魅力度の高い人は結婚の適正があり、職業的地位も高いと他人から推定されがちであるという研究結果もあります。こういったことを漠然と知っているため、私たちは化粧をして好ましい印象を他者に与えようとします。

これを「印象管理」といいます。印象管理の動機としては、①報酬の獲得と損失の回避、②自立心の高揚と維持、③アイデンティティの確立などが挙げられます。

「他人のふり見てわがふりを直せ」という言葉がありますが、他人の顔と表情を見て、他人の心を読み取ることができるのは不思議ですね。この能力に関して「ミラーニューロン」というのが大脳皮質の前頭葉で発見されました。

これは自分の行為と他者の行為を鏡に映したようにコードするニューロンで、「社会的知性」に大きな役割を持っています。人間の本質の1つに他者とのコミュニケーションがあり、化粧はそれに深く関与していると思います。(化粧品の本、福井寛著書参照)

 

美肌Dr. Dan
美肌Dr. Dan

化粧の効用は、本能や欲望を具体化するのですね!

◎好ましい印象を他者に与えようとする印象管理。

◎自分の行為と他者にの行為を鏡に映したようにコードするミラーニューロン。が今回のポイントでした。

 

全記事一覧はこちらです!⇒ https://kirei-88.com/site-map/

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました