美肌革命1 化粧品って何だろう。 – 美肌革命!最新情報。

美肌革命1 化粧品って何だろう。

化粧品の豆知識

美肌革命シリーズから化粧品の豆知識をご提出していきたいと思います。

化粧品の定義は。

私たちがいつも使っている化粧品。化粧品とはどのようなものなのでしょうか?薬事法での化粧品の定義は「化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、または皮膚もしくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦(とさつ)、散布、その他これに類以する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう」

となっており、55項目の効能が認められています。この項目以外の効能は化粧品では認められていません。いわゆる薬用化粧品は医薬部外品(略して部外品)になります。

部外品は染毛料、育毛剤、薬用化粧品のように人体に対する作用があっても「作用が緩和であり、疾病の治療、または予防に使用せず、身体の構造、機能に影響を及ぼすような使用目的を併せ持たせないものであること」とされています。

部外品については、その有効成分および効能についておおよそその目安が述べられています。特定の成分については部外品でないと配合できません。私たちが一般に化粧品と呼んでいるものは、薬事法上は化粧品と部外品で、いずれも長期に使われることが多く、副作用は許されません。

化粧品にはどのような種類があるのでしょうか。

 

使用部位、使用目的などによって分類は異なりますが、日常よく用いるのはスキンケア、メーキャップ、ボディケア、ヘアケア、オーラルケア、フレグランス(芳香製品)です。

また、化粧品は「皮膚や毛髪を清潔にし、健康を維持するもの」と「容貌や印象を演出するもの」に分かれると思います。前者はスキンケア全般と毛髪と頭皮のヘアケア、後者はメーキャップやヘアカラー、フレグランス(芳香製品)などです。

前者は本来の私たちの肌や毛髪を正常に保つための生理的解明と、それを達成する、薬剤、基剤の開発が必要です。後者ではそれに加えてより美しく演出するために心理的アートなども必要になるのです。(化粧品の本、福井寛著書参照)

 

美肌Dr. Dan
美肌Dr. Dan

化粧品の定義でした。少し難しかったですね(^^;

ポイントは、◎一般に「化粧品」と呼ばれるものは、薬事法上では化粧品と医薬部外品に大別される。◎化粧品は副作用は許されない。

 

全記事一覧はこちらです!⇒ https://kirei-88.com/site-map/

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました