美肌革命22 日焼け止め – 美肌革命!最新情報。

美肌革命22 日焼け止め

化粧品の豆知識

美肌革命シリーズから化粧品の豆知識をご提出していきたいと思います。

肌に合わせて選びたい日焼け止めのタイプ

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。肌が敏感な人や炎症ニキビが気になる人は、吸収剤の含まないクリームや乳液タイプを選ぶと安心です。

以前は独特の匂いや白浮き、重さなど使用感に問題のあった紫外線散乱剤タイプは、近年使用感がぐんとよくなり、紫外線予防効果も高くなっいます。

日焼け止めにはさまざまなタイプがありますが、ジェル、ローション、スプレーなどは使用感が軽く手軽で、ベタつきが苦手な人には好まれます。ただし、さっぱりした質感のものはアルコールが含まれていることも多いので、乾燥肌やアルコールで赤みが出る、ヒリヒリ感を感じやすい人は購入前に成分を確認しましょう。

日焼け止めで肌荒れする、敏感な症状がある、炎症ニキビがある、という人は散乱剤タイプを選ぶようにしましょう。

 

日焼け止め効果をあらわす数字を確認しておく

日焼け止めには「SPF」「PA」という2つの数値があります。SPFは紫外線B波防止効果を示し、肌を赤くする日焼け(サンバー)を起すまでの時間をどのくらい延ばせるかをあらわします。

炎天下やスポーツ、野外での活動時間が長いならSPF30以上が目安。PAは紫外線A波の防止効果をあらわします。夏場や外出時間が長い日は非常に効果があるPA+++以上がおすすめです。

紫外線にはおもに、UV-A、UV-B、UV-Cという3つの波長があります。UV-Cは、ほとんど地表に届かないと言われます。UV-Aは波長が長く、じわじわ肌の細胞を傷つけます。

天気の悪い日でも冬でも出ており、窓ガラスや衣類の繊維をも透過します。一方、UV-Bはエネルギーが強く、肌表面を強く攻撃します。

また蛍光灯やスマホからも紫外線は出ています。このため、室内にいても日焼け止めは365日必要です。一度開封したら連続で使用して、使い切りましょう。

 

生理前、妊娠中、ピル服用時はとくに紫外線に注意

黄体ホルモンは紫外線の影響を受けやすくするので、日焼けしやすくなります。産後や授乳中も、ホルモンバランスからシミができやすいことも。

生理前や妊娠中、ピル服用時は念入りに日焼け止めを塗りましょう。ニキビ、ニキビ痕や肌の赤みといった敏感症状が見られるときも細心の注意を払ってください。

 

Q&A ファンデに入っている日焼け止めでもいい?

下地やファンデーションに日焼け止め成分が入っている製品も増えていて、「日焼け止めは塗ってないけど、下地とファンデーションで対策している」という人は多いでしょう。

しかし、日焼け止めは塗る量が大事。少量だと、記載されているSPFの数値をしっかりと発揮してくれないこともあります。

また、色つきの下地やファンデでは、日焼け防止の効果は少ないです。日焼け止めの上に下地やファンデを重ねることで万全の対策をしましょう。

※豆知識……… マスクの下も日焼け止めは必要!

マスクに限らず、衣類や繊維はシワやたるみの原因になる紫外線A波を通してしまいます。マスクをしていれば強い日焼け(サンバーン)はかなり予防できますが、肌の老化は少なからず進行します。マスクの下もしっかりと日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。
(美肌辞典、高橋書店参照)

 

美肌Dr. Dan
美肌Dr. Dan

肌老化の原因の80%である紫外線から防御する!

今回のテーマでした。

オススメの日焼け止めは(インナーパラソル16200)
↓↓↓
↓↓↓
https://kirei-88.com/inner-umbrella-16200-is-a-parasol-supplement-to-drink-the-effect-and-ingredients/

 

全記事一覧はこちらです!⇒ https://kirei-88.com/site-map/

 

「美肌革命」のアイデア 170 件【2021】 | 美白, 美容液, 美肌
2021/08/07 - 美しい肌を永遠に!若さと潤いを保つ魔法の美容アイテムをご紹介します。いつくになっても美しい肌を保ちたい!!そんなあなたにお手伝いできれば嬉しいです!(^^)! #化粧品 #化粧水 #美容液 #美肌 #美白。「美白, 美容液, 美肌」のアイデアをもっと見てみましょう。

 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました